細径曲線 ボーリング工法

施工技術

h01bコンパクトな推進装置により限られた地下空間からの施工ができ、曲率半径の小さい曲線鋼管の敷設が可能です。それにより、必要最小限の空間を構築でき、コストダウン、工期短縮が図れます。

h02b

1曲線鋼管セット

h03b

2曲線鋼管溶接

h04b

3先端装置到達

NEW TULIP工法とは トップ ▲
Top