細径曲線 ボーリング工法

施工装置

先端装置

sentan内管の先端部に取り付けた正逆の回転機能を持つ先端装置で先行削孔します。このため従来のボーリング装置では不可能とされていた曲率半径の小さい場合の施工ができます。

推進装置

35-02曲線鋼管の接線方向に沿ってニ連油圧シリンダーにより推進するため、曲線鋼管の敷設スムーズにできます。

NEW TULIP工法とは トップ ▲
Top