太径曲線 パイプルーフ工法

実証実験工事(下向き)

g01剛性の高い大口径鋼管によりアーチ土留めを構築するので、大深度・大規模地下空間の構築に適しています。大きな土水圧をパイプルーフで抵抗させるので、パイプルーフ間の凍結止水壁を薄くすることができます。

g02b

1曲線鋼管セット

g03b

2曲線鋼管溶接

g04b

3先端装置到達

g05b

4掘削機回収

NEW TULIP工法とは トップ ▲
Top