適用例

3.立坑の地中拡幅

t03地上からの施工が不可能な場合、パイプルーフ工、地盤改良工などを併用した大規模工事が必要でした。
細径曲線ボーリング工法では、円形に曲線鋼管を敷設して支保工とすることができ、この曲線鋼管を使って凍結や地盤改良を行うため、大幅な工事の効率化が図れます。

適用例 トップ ▲
Top