適用例

1.曲線管による障害物の回避

t01管の敷設範囲に障害物がある場合は、人孔(立坑)を深くする必要がありますが、管を曲線で敷設することにより人孔(立坑)の深さを浅くすることができます。
これにより小規模な工事で障害物を回避できるため、コストダウン・工期短縮が可能となります。

適用例 トップ ▲
Top